リップルを購入するならどこが1番よいかを比較

最安はbitbank

bitbank(ビットバンク)は手数料無料キャンペーンを行っているので、その間はGMOコインよりお得にリップルを購入することが出来ます。通常は2~3%の手数料がかかりますので注意してください。bitbankは大手より知名度が低く、少し前まではユーザー数が少ないため約定しにくいというデメリットがありましたが、現在はモナコイン取引量で1位になったこともあり、GMOコインとリップル購入で競っています。またZaifとはモナコイン取引で競合しているので今後の展開が楽しみです。

2番手はGMOコイン

GMOコインはなんといっても入出金などの手数料がほとんど無料です。ほとんどの取引所で、少額で出金すると手数料が高くつくように感じますが、GMOコインであれば手数料を気にすることなく取引が可能です。GMOコインはビットコイン以外は販売所形式で売買することが可能で、初心者でも簡単に取引が可能なのが魅力です。専用スマホアプリが、FXしかできないのが勿体無いところですがbitbank同様にブラウザからであればスマートフォンでも現物取引が可能です。GMOコインは取引手数料が一見無料ですが、売買の価格に実質手数料が含まれています。スプレッドも日によってはやや広くなっている時もありますので、何日かに渡ってスプレッドを見ておくのがよいです。

まとめ

板での取引は初心者だと難しいので、少量のリップル購入であればGMOコインで、少し取引に慣れてきた方はbitbankが最適です。今回、参考になった「リップルを購入するなら手数料の安いbitbank取引所がおすすめ」のブログ記事は分かりやすくまとまっていましたので時間がある方は見ておくと良いでしょう。

リップル価格が今後どれだけ伸びるかは難しいところですが、情報は多い方がよいので、うまく情報収集しながら買い増しできると良いですね。2018年3月時点ではやや価格が上がってきていますのでリップルに期待する投資家が買いに戻ってきた感覚があります。

2018年リップルニュースのまとめ

仮想通貨リップルは世界の5大送金業者のうち3つがXRPを使用することを発表しました。Western UnionやMoneyGramという国際送金サービスを行っている企業はリップルのシステムを使いテストを重ねています。

xRapidとは

ここで「xRapid」ということばを覚えてほしいのだが、xRapidとは主に発展途上国に対して行う低コストでの送金ネットワークの計画です。Rapidの言葉の通り「速く」がテーマになっています。主にアジアがターゲットですのでタイ、ベトナム、インド、マレーシア、シンガポールなどはいつ導入してもおかしくはないでしょう。

最近のニュース

2018年2月1日にリップルはクレジットカード会社のアメックスと提携しました。また仮想通貨決済のみの高級店、クリプト・エンポリウムでリップルが決済に追加されたようです。それらしきサイトが見つかりませんでしたが、実際にあればXRPの需要はかなり高くなるでしょう。また3月にはアフリカやシンガポールでのカンファレンス(公聴会)も予定されており、リップルのネットワークシステムの認知は、かつてインターネットが普及したスピードのように広がりを見せています。

またリップルはブロックチェーンをビットコインより分散化させるという数年振りのアップデートについても論文を出しました。中央集権と叩かれ続けていたリップルの反撃は始まったばかりです。

リップルとは?について再調査しましたで

概要

リップルは仮想通貨XRP(便宜上リップルコインとします)の送金システムに用いられる決済プロトコルの名称です。リップルという方法で決済される仮想通貨がXRP、つまりリップルコインです。そのため、リップル自体は仮想通貨ではなく、決済のやり取りを円滑に行うためにつくられた仕組みでしかありません。その最大の特徴は、相手がどのような通貨を望んでいるのかに関わらず、「必要な価値」の受け渡しを可能にするシステムを構築していることです。XRPはドルや円、仮想通貨などのあらゆる通貨の中継点に位置し、いわば銀行の役割をはたします。また、XRPは送金速度に優れ、送金は数秒で終了します。リップルはビットコインの「送金に時間がかかる」という欠点を補うために開発されたとも言われています。

仕組み

ビットコインが取引記録をブロック単位にまとめた「ブロックチェーン」と呼ばれる仕組みで行われているのに対して、リップルでの承認作業はプルーフオブコンセンサスという仕組みで行われています。ブロックチェーンの場合は分散されたネットワークで、ユーザー同士がお互いに監視することで信頼性を確保します。しかし、ブロックチェーンの仕組みでは利用する人口と、取引量が増えれば増えるほど、ネットワークが重たくなってしまうというデメリットが存在します。プルーフオブコンセンサスでは、一定の信頼できる承認者(UNLとも呼ばれる)によってネットワークが管理されます。ただし、だれもが承認者になれるわけではなく、基本的には各金融機関がその役割を担い、信頼性を保っています。ビットコインのように広大なネットワークを必要としないため、決済時間が数秒で完了するというメリットを持ちます。

将来性

リップルを用いたXRPの仮想通貨としての将来性は高く、さらなる価値の上昇が期待されています。リップルは世界的IT企業であるGoogleが出資者として名乗りを上げたことでも有名です。また、大手金融企業のSBIとも関係が深く、11%もの多額の出資を受けています。仮想通貨の種類は、なおも増え続け、その数は1500種類以上にものぼります。その中でリップルは、世界的大企業にも支持され、XRPも常に上位を推移しています。その後もリップル社の技術は多くの金融機関から注目を集め、100社以上と提携しています。信頼が最も重要視される金融機関からも強い支持を集めているのは、将来性が高いことの表れです。商社や製造業といった一般事業企業にも広がる可能性を秘めています。

リップル購入はどこの取引所にするか

取引所ごとの特徴

リップルは日本の取引所ではcoincheck、GMOコイン、bitbank等で購入することができます。coincheckはビットコイン取引以外が現在停止中ですので、残りの2社になります。GMOコインは販売所形式でアルトコインを購入することができ、大量に購入する場合は複数回の作業で買わなくてはいけないのがたまにキズです。bitbankは板での取引が可能ですので、数量に関係なく注文が通れば約定します。

手数料を比較

取引手数料はGMOコイン、bitbank共に気にすることはありませんが、入出金手数料はGMOコインが勝ちます。なんと無料で出来るので細かい出金も気にせずに行えます。ここは大手ならではの強みでしょう。GMOコインはレバレッジ取引をしない限りは特に手数料がかかりません。

bitbankは現在取引手数料が無料になるキャンペーンを行っています。リップルだけではくモナコインが安く買える取引所としても定評があります。

アプリ比較

bitbankはアプリがありません。GMOコインは専用アプリはありますがFXのみの機能です。両社ともにスマートフォンからはネットブラウザを立ち上げてログインする必要があるので、ここに関しては同じ点数でしょう。チャートを見ながらのリップル売買をしたいなら、PCからログインが望ましいです。

まとめ

GMOコインもbitbankもリップルを購入するのにとてもよい取引所です。それぞれアプリを作ってもらってアプリでの売買ができるようになると、もっと人に勧められるようになりますが、そこには力を入れないのでしょうか。

仮想通貨リップルはとても興味深い。銀行が潰れる?

リップルとは

リップルは世界中の決済手段や為替のシステムを全て繋げる計画があります。今はまだ大手銀行との提携で準備をすすめていますが、未来には取引がもっと簡単になる時代が来ます。日本国内では三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、住信SBIなどメガバンクと提携済みでSBIリップルアジアというグループも設立されています。

タイトルで銀行が潰れると言いましたが、完全に潰れるわけではありません。リップルとしては銀行という信用は上手く利用したいのです。いかにブロックチェーンが優れているとはいえ、世界中の人がその知識を知るわけではありません。リップルはあくまで自社のシステムを銀行に売れればよいので、その利益で経営は成り立ちます。

これからの銀行、リップルの影響は?

銀行は人数を削減し、店舗も縮小します。ニュースでは銀行員の転職まで報道されました。ブロックチェーンはとても素晴らしい技術ですが、ロボットのように雇用を奪ってしまいます。ある程度は止めようがないことですが、人を切らずに何か別事業に踏み切る努力をしてリストラを避けてもらいたいものです。あと10年もすれば、町から銀行が見えなくなる日が来るかもしれません。現にネットバンクは店舗をほとんど置くことなく営業をしています。どの業態もそうですが、窓口や何かを保存しておくということは維持費がかかります。人件費はいとも簡単に削りやすいので、不景気になるたびリストラは繰り返されてきました。決していいことばかりではありません。

銀行のカードローンを使う場合

お金を借りる場合には、様々な方法があります。その方法の1つがカードローンになります。カードローンの中でも銀行で借りるカードローンは、どのような特徴があるでしょうか。大前提として貸金業者で借りるローンと銀行で借りるローンがありますので、その2つの違いは何かということです。銀行の場合の特徴は、審査が厳しいことになります。審査が厳しいといっても、住宅ローンを借りるときほどではありません。例えば、住宅ローンの場合であれば正社員でなければ借りることができないことがほとんどです。正社員であっても勤続年数や会社の大きさによって断られることもある位です。カードローンの場合は、正社員でなくても借り入れをすることが可能になります。アルバイトや派遣社員、主婦などでも借りる事は十分可能です。この点、専業主婦については借り入れすることができないのではないかと考える人も少なくありません。確かに専業主婦であれば、収入がないため借りるをするのは難しいでしょう。しかし、専業主婦であっても配偶者に収入があれば、問題ないとする場合が多いです。なぜなら、夫婦が同じ財布と考えられるからです。ただし、借りることができる金額がそれほど多くはないです。 

このように、一定の制限はあるものの、特別に厳しい条件がない事がわかるでしょう。では、年利についてはどうでしょうか。利息については、貸金業者の設定する利息よりも低くなっているのが特徴です。なぜなら貸金業者の審査よりも厳しいからです。いくら借りるかにもよりますが、利息の上限はおよそ14パーセント台であることが多くなっています。借り入れ額が20万円程度であればそれぐらいの利息になります。基本的に貸金業者に比べると極度額が高くなっているのが特徴です。貸金業者の極度額が100万円程度であっても、金融機関がカードローンで借りることができる金額は300万円から800万円位になっているのが普通でしょう。

カードローンの在籍確認の仕方と電話確認が難しい場合

カードローンの在籍確認は、申込書を提出した時に記載した勤務先の番号に電話がかけられて、確実にその会社で働いているか確認を取るために行われることです。自分宛てにかけられる内線番号がある場合は、記載するといいでしょう。申し込んだ本人が、電話口に出るのが最も確実ですが、営業活動で出かけていたり、会議などで席を外していたりして、直接電話に出られなくても構いません。在籍確認は、申込者の許可なく突然会社にかけられることはありません。事前に申し込んだカードローンの金融機関から本人宛の連絡先に電話がかけられ、申し込みの確認と会社に電話をしても良いか問い合わせがあります。自分が電話口に出て返答をしたい場合には、時間の都合を付けてもらうことも可能ですし、電話受付をする事務員が不在で、自分を含めて同僚も電話に出られない時間帯がある時も相談することもできます。

カードローンの在籍確認は、消費者金融や信販会社であれば個人名で、銀行の場合は銀行名でかけられることが多いです。電話番号も非通知でかけられますので安心です。銀行によっては、事前にコールセンターにお願いすれば、個人名でかけてもらうことも可能な場合があります。本人が通話口に出た時に初めて用件を伝え、名前等を確認して2、3分で終了することがほとんどでしょう。不在の場合は、同僚が席を外しているとか、外出しているという内容の返答をすれば、勤務していることが確実になり、終了することが多いです。まれに、はっきりとした返答がない場合は、再度在籍確認がある場合があります。カードローンの在籍確認を受ける前に、同僚や電話受付の担当者に、在籍確認の電話があることを伝えておくといいでしょう。クレジットカードを作成したと言えば、カードローンのことと判明する心配がありません。自分が電話に出られない場合も、はっきりと勤務していることが分かるように対応してもらえることもあります。特に、派遣社員の方は、派遣元に確認の電話がかけられるため、カードローンの相手先と在籍確認があることを事前連絡しておかないと、社員のことを把握できずに対応ができない場合があるので注意してください。

カードローンの審査基準に対する注意点

カードローンは無担保で利用することができる融資です。ですがお金の貸し借りである以上、これを利用する際には審査を受ける必要があります。審査では、その人の家族状況や経済状況、生活情報、更には個人情報などがチェックされます。ですがカードローンの利用に対してどのような基準を設けているかは、金融機関によって異なります。

ですから同じ人が、ある金融機関のカードローンの審査は落ちたけれど、別の金融機関の審査には何の問題もなく通過したと言うのもあることです。このように書くと、同じ利用するのであれば審査基準が甘いところの方が良いのでは、と思う人もいるかもしれません。確かに、利用する側にとってみればそうかもしれませんが、ここには注意点があります。それが金利の額です。カードローンの審査と言うのは、金融機関が、それを申し込んできた人がお金を貸すだけの信用を持っているかどうかを判断するために行われるものです。

よってその基準が厳しいと言うことは、金融機関からそれだけ信用をされていることの証だと言うことができます。そのため、こちらの場合は、一般的には金利か低めであることが多いです。お金を貸しても大丈夫と判断したのだから、金利は低めでも問題はないと金融機関によって判断されていると言う具合です。一方、審査が甘いと言うことは、金融機関からの信用もそれほど高くはないと言うことです

syukkoku_nyukoku_japan

もしかしたら返済に遅れが発生するかもしれないが、それでも構わないので融資を行うと判断されていると理解することができます。ですがこの通りに、返済に遅れが発生した場合、そのままの状態では金融機関が損をしてしまいます。その損を補うために、こちらの場合は金利が通常よりも高めに設定されていることが多いと言う具合です。リスクはあるけれど、金利を高めに設定していることでリスクを回避することができると言うことです。どちらが良いかと言うのは、個人の価値観により異なります。ですがよほどの緊急時でない限りで審査に自信のある方は、審査の基準が厳しいカードローンを利用した方が賢明であると言うのは確かです。

銀行のカードローンの特徴とは

money_nichigin_building

カードローンにもいくつかの種類がありますが、大きく分ければ、銀行が提供しているカードローンか、それとも消費者金融や信販会社が提供しているものかといった種類があります。なかでも銀行が提供しているカードローンというのは、消費者金融などにはない特徴がありますので、条件的にあてはまる場合には、申し込みを検討してみてもよいといえます。

その特徴についてですが、返済の金額は金利によってかなり差がでてくるところ、銀行のカードローンであれば、比較的低金利で借入ができるため、あとの返済が楽だということが挙げられます。消費者金融や信販会社の場合には小規模で短期的な資金需要を想定していることが多いため、金利はその分だけ高くなっていますので、銀行にくらべると、返済金額をトータルでみた場合に不利になってしまうことがあります。

また、銀行カードローンの場合には、融資の限度額が数百万円単位と大きいというのも特徴であるといえます。消費者金融などの上限額では足りないような大口の融資を考えているのであれば、やはり同じカードローンとはいっても、銀行のほうに申し込みをしたほうが、あとで限度額を増やす交渉などをしなくてもすみますし、場合によってはその銀行に口座をもっている人だけの優遇が受けられることもあります。

こうしたさまざまなメリットがあるいっぽうで、実際に借入をしようとする際の審査がきびしく、なかなか正式な契約をすることができないといったデメリットもないわけではありません。たとえば、パートやアルバイトの人、年金生活者、無職の人などは借入ができなかったり、年収が一定の金額未満の人についても同様であったりということがあります。その点では、特に消費者金融系のほうが、審査の基準が低く、審査そのものにかかる時間も数時間から即日というケースもあるため、気軽に借入をすることがしやすいといったメリットが大きいということができます。

カードローン在籍確認の方法とは

カードローンを利用するときには必ず審査を受けなければなりません。ですが多くの場合特に属性に問題がなければ審査に通ってカードローンを利用できる可能性は高いです。審査に通りにくい属性とは、たとえば無職であったり、ほかの金融機関で多額の借入金をかかえていたり、過去に債務整理などをおこなったなどの場合です。

正規の会社員でなくてもパートやアルバイトなどでもきちんと安定した収入があれば審査に通ることはできます。審査においては在籍確認もおこなわれます。これは申込書などに記入した会社に本当に在籍しているかの確認のためにおこなわれます。ですので、在籍確認の方法としては多くの場合、勤務先に電話がかかってくることになります。

会社に電話がかかってくるというと、ほかの同僚などにカードローンの利用がばれてしまうのではないかという心配があります。ですが実際にはどの金融会社もそうしたことは心得ていますので、けっして金融会社名を出してかけてくることはありません。かならず個人名で電話をかけてきますので、ほかの人が電話を受けた場合でも金融機関からの電話とわかることはほとんどありませんので安心してよいでしょう。

denwa_business_woman

在籍確認でどのようなことを聞かれるのかが不安だという人も多いですが、大抵の場合、申込書に書かれたこと、たとえば名前や住所、電話番号などの基本的事項の確認になりますので特に緊張する必要はありません。ですがどうしても電話での在籍確認を避けたいという人ももちろんいます。そうした声に対応して最近では電話での在籍確認をおこなわず書類で代用してくれる金融機関も増えています。ですので、どうしても電話での在籍確認を避けたいのであればそうした金融機関のカードローンを選ぶのもひとつの選択方法となります。代替できる書類についてはそれぞれの金融機関によって何を提出するのかは異なっていますので、事前にきちんと確認して用意しておくことも大切です。