カードローンの審査基準に対する注意点

カードローンは無担保で利用することができる融資です。ですがお金の貸し借りである以上、これを利用する際には審査を受ける必要があります。審査では、その人の家族状況や経済状況、生活情報、更には個人情報などがチェックされます。ですがカードローンの利用に対してどのような基準を設けているかは、金融機関によって異なります。

ですから同じ人が、ある金融機関のカードローンの審査は落ちたけれど、別の金融機関の審査には何の問題もなく通過したと言うのもあることです。このように書くと、同じ利用するのであれば審査基準が甘いところの方が良いのでは、と思う人もいるかもしれません。確かに、利用する側にとってみればそうかもしれませんが、ここには注意点があります。それが金利の額です。カードローンの審査と言うのは、金融機関が、それを申し込んできた人がお金を貸すだけの信用を持っているかどうかを判断するために行われるものです。

よってその基準が厳しいと言うことは、金融機関からそれだけ信用をされていることの証だと言うことができます。そのため、こちらの場合は、一般的には金利か低めであることが多いです。お金を貸しても大丈夫と判断したのだから、金利は低めでも問題はないと金融機関によって判断されていると言う具合です。一方、審査が甘いと言うことは、金融機関からの信用もそれほど高くはないと言うことです

syukkoku_nyukoku_japan

もしかしたら返済に遅れが発生するかもしれないが、それでも構わないので融資を行うと判断されていると理解することができます。ですがこの通りに、返済に遅れが発生した場合、そのままの状態では金融機関が損をしてしまいます。その損を補うために、こちらの場合は金利が通常よりも高めに設定されていることが多いと言う具合です。リスクはあるけれど、金利を高めに設定していることでリスクを回避することができると言うことです。どちらが良いかと言うのは、個人の価値観により異なります。ですがよほどの緊急時でない限りで審査に自信のある方は、審査の基準が厳しいカードローンを利用した方が賢明であると言うのは確かです。