銀行のカードローンの特徴とは

money_nichigin_building

カードローンにもいくつかの種類がありますが、大きく分ければ、銀行が提供しているカードローンか、それとも消費者金融や信販会社が提供しているものかといった種類があります。なかでも銀行が提供しているカードローンというのは、消費者金融などにはない特徴がありますので、条件的にあてはまる場合には、申し込みを検討してみてもよいといえます。

その特徴についてですが、返済の金額は金利によってかなり差がでてくるところ、銀行のカードローンであれば、比較的低金利で借入ができるため、あとの返済が楽だということが挙げられます。消費者金融や信販会社の場合には小規模で短期的な資金需要を想定していることが多いため、金利はその分だけ高くなっていますので、銀行にくらべると、返済金額をトータルでみた場合に不利になってしまうことがあります。

また、銀行カードローンの場合には、融資の限度額が数百万円単位と大きいというのも特徴であるといえます。消費者金融などの上限額では足りないような大口の融資を考えているのであれば、やはり同じカードローンとはいっても、銀行のほうに申し込みをしたほうが、あとで限度額を増やす交渉などをしなくてもすみますし、場合によってはその銀行に口座をもっている人だけの優遇が受けられることもあります。

こうしたさまざまなメリットがあるいっぽうで、実際に借入をしようとする際の審査がきびしく、なかなか正式な契約をすることができないといったデメリットもないわけではありません。たとえば、パートやアルバイトの人、年金生活者、無職の人などは借入ができなかったり、年収が一定の金額未満の人についても同様であったりということがあります。その点では、特に消費者金融系のほうが、審査の基準が低く、審査そのものにかかる時間も数時間から即日というケースもあるため、気軽に借入をすることがしやすいといったメリットが大きいということができます。