2018年リップルニュースのまとめ

仮想通貨リップルは世界の5大送金業者のうち3つがXRPを使用することを発表しました。Western UnionやMoneyGramという国際送金サービスを行っている企業はリップルのシステムを使いテストを重ねています。

xRapidとは

ここで「xRapid」ということばを覚えてほしいのだが、xRapidとは主に発展途上国に対して行う低コストでの送金ネットワークの計画です。Rapidの言葉の通り「速く」がテーマになっています。主にアジアがターゲットですのでタイ、ベトナム、インド、マレーシア、シンガポールなどはいつ導入してもおかしくはないでしょう。

最近のニュース

2018年2月1日にリップルはクレジットカード会社のアメックスと提携しました。また仮想通貨決済のみの高級店、クリプト・エンポリウムでリップルが決済に追加されたようです。それらしきサイトが見つかりませんでしたが、実際にあればXRPの需要はかなり高くなるでしょう。また3月にはアフリカやシンガポールでのカンファレンス(公聴会)も予定されており、リップルのネットワークシステムの認知は、かつてインターネットが普及したスピードのように広がりを見せています。

またリップルはブロックチェーンをビットコインより分散化させるという数年振りのアップデートについても論文を出しました。中央集権と叩かれ続けていたリップルの反撃は始まったばかりです。