カードローンの金利の仕組みや利息の計算方法とは

カードローンを利用すると、返済には元金と利息の合計が必要になります。元金とは実際に借りた金額のことを表し、利息とは元金に一定の利率をかけてあらわす手数料のことを指します。この利率が金利と呼ばれるものです。金融会社で金利を表す場合には、年利と呼ばれる言葉が使われています。カードローンを利用する場合に、元金がいくらで、金利がどれくらいなのかがわかっていれば、実際にどれくらいの利息を払うことになるかがわかります。そしてこのようなローンは借りた日数だけ利息がかかることになっているので、何日間借りるのかということも重要になってくるのです。利息の計算方法としては、例えば30万円を借りたとします。年利は18パーセントで、60日間ですべてを返済し終えたとします。この場合にかかる利息がいくらになるかというと、30万円に利息の18パーセントをかけて、さらに60日分なので60をかけてみましょう。この計算によって出される利息は8876円になります。これをもしも30日間で返済し終えたとすると、利息は 4438円になります。

つまりカードローンは借り入れ期間が短ければ短いほど、負担する利息が少なくて済むということになります。カードローンの支払いの総額を少なくするためには、繰り上げ返済などによって返済する機関を短くすることが大切です。しかし早く返したいからと言って、一度に大きな額をまとめて返済してしまうと、急な出費の時に支払いができなくなってしまいます。これにより現在借りているカードローンの金利よりも高いキャッシングも行うことになり、何のために早く支払おうとしていたのか分からなくなってしまいます。早く返し終えることもよいことですか、急な出費に対応できるようによく考えて返済するようにしましょう。近年ではカードローン会社によっては、一定期間無利息で利用できるサービスを提供しているところもあります。消費者金融会社が定めた期間内に、返済できるというあてがあるのであれば、このようなものを利用すると良いでしょう。(おすすめカードローンのランキング