カードローンの在籍確認の仕方と電話確認が難しい場合

カードローンの在籍確認は、申込書を提出した時に記載した勤務先の番号に電話がかけられて、確実にその会社で働いているか確認を取るために行われることです。自分宛てにかけられる内線番号がある場合は、記載するといいでしょう。申し込んだ本人が、電話口に出るのが最も確実ですが、営業活動で出かけていたり、会議などで席を外していたりして、直接電話に出られなくても構いません。在籍確認は、申込者の許可なく突然会社にかけられることはありません。事前に申し込んだカードローンの金融機関から本人宛の連絡先に電話がかけられ、申し込みの確認と会社に電話をしても良いか問い合わせがあります。自分が電話口に出て返答をしたい場合には、時間の都合を付けてもらうことも可能ですし、電話受付をする事務員が不在で、自分を含めて同僚も電話に出られない時間帯がある時も相談することもできます。

カードローンの在籍確認は、消費者金融や信販会社であれば個人名で、銀行の場合は銀行名でかけられることが多いです。電話番号も非通知でかけられますので安心です。銀行によっては、事前にコールセンターにお願いすれば、個人名でかけてもらうことも可能な場合があります。本人が通話口に出た時に初めて用件を伝え、名前等を確認して2、3分で終了することがほとんどでしょう。不在の場合は、同僚が席を外しているとか、外出しているという内容の返答をすれば、勤務していることが確実になり、終了することが多いです。まれに、はっきりとした返答がない場合は、再度在籍確認がある場合があります。カードローンの在籍確認を受ける前に、同僚や電話受付の担当者に、在籍確認の電話があることを伝えておくといいでしょう。クレジットカードを作成したと言えば、カードローンのことと判明する心配がありません。自分が電話に出られない場合も、はっきりと勤務していることが分かるように対応してもらえることもあります。特に、派遣社員の方は、派遣元に確認の電話がかけられるため、カードローンの相手先と在籍確認があることを事前連絡しておかないと、社員のことを把握できずに対応ができない場合があるので注意してください。